やりたいことって何だろう、いつ見つかるのだろう

ブログ始めた当初は「みんなに見てもらえるノウハウ系ブログにしよう」と漠然と思っていたのだけれど、なんだか長続きしなさそうなので、日記にすることにしました。

 

やりたいことって何だろう、いつ見つかるのだろう

私が最近ずっと考えていることは、自分の人生についてです。

就職活動を始めて、私は、夢とか目標とかやってみたいことについて今まで全く考えてきていないことに気づきました。

理由は簡単で、家が貧乏だったため、とにかく金が稼げるようにいい大学・いい会社に入ろうという事だけ考えて生きてきたからです。

別にこの考え方が間違ってるとは今でも思っていないし、金銭的な余裕や大企業という地位がある事は、幸せな人生を送る選択肢の一つだと思います。

ただ、今までずっと「私は家族のために、どんなに苦しくても稼がなくては」とか「貧乏はみじめ。どうしてもこの状況から抜け出したい」とかお金のことばかりに頭が行ってしまい、自分はどんなことに興味があるのかとか、どんなことが向いているのかとか、そんなことを考える機会が全くなかったので、いざ就職活動をするとなったときに「あなたはどんな仕事をしたいですか」と聞かれて固まってしまう。

 

そんなの適当に考えてとっとと就職しろと思う人もいるでしょう。たぶんそれも正解ですよね。

でも、私はここで一旦自分と向き合う時間を作ってもいいのではと思っています。だって、とりあえず就職して3年たたずに辞めるのと、根本的には同じじゃないですか。人生の方向を考える時期が人によって違うだけで、私にとってそれが今だというだけな気がしてしまって。

 

結局いずれ考えなければいけないことで、自分にとってそのタイミングが今なのなら、レールから外れてもいいのかもしれないと思ってきてしまっています。

 

もちろん、とりあえず働いてみて見えてくることもあるだろうし、たまたま就いた職が天職だったという人もいるのでしょう。きっと私より人生経験豊富な社会人の人たちからしたら、「そんなことで考え込んだってしょうがない、今新卒カード逃したら人生詰むよ」と思うような選択をしようとしているのかもしれないです。

 

でもそれって結局、経験した人間だから分かることで、経験していない自分には想像がつかないんです。

大学受験に失敗した時も、同じような事を言われました。「女の子なんだから学歴なんか関係ないよ。滑り止めの大学行ってキャンパスライフ謳歌した方が絶対楽しいって!」「だいたい、浪人してもっとレベル下がっちゃったらどうするの?悪いこと言わないから現役進学しときな。嫌なら仮面浪人すればいいじゃん。」と。

周りの親切で適切なアドバイスにもかかわらず、私は浪人という選択をしました。今もその決断に後悔はありません。

 

だから、今回もそれでいいんじゃないかと思うのです。一般的に良しとされる選択をしても、自分自身が納得できていなければそんな人生死んでるのと同じことです。

一度、そういう選択をして本当に後悔したことがあります。時間が経ち、その選択の上に色々な経験が積もり、今では納得できているし、その選択をして良かったと思えることもたくさんあります。

たぶん、どの道を選んでも正解だし、それぞれに違う出会いや幸せがあるんだと思います。

そういうことを若造ながら考えてみて、やっぱり私は、今自分のやりたいことを探したいという結論に至りつつあります。

 

探してみて、何も見つからないかもしれないし、もし見つかってもその道に行けるかもわかりません。それが叶っても、数年後には違和感を持って、また振出しに戻るかもしれません。

それでも、今なんとなく就職するよりは、死ぬときに納得できる人生になるんじゃないかと、そんなことを思います。

 

もしこのブログを読んでくださる人生の先輩がいらっしゃれば、今どんな生活を送っているのか教えて欲しいです。どんな事に幸せを感じるか、何が楽しいか、何が辛いか。なんでもいいです。

どんな選択肢を選んでも、幸せなことはあると教えてください。

 

最期まで読んでいただき、ありがとうございます。